・10月6日


伊勢原市民では有名になった

「道灌まつりには必ず雨が降る」

という言葉。

糟屋の館で非業の死を遂げた道灌公の涙だ、と言う人もいますが

実際、雨天での開催は多いですね。

今年は2日間ともまずまずのお天気だったようで、良かったです。

商店街の方達はこの日のために多大な労力を厭わず動き、当日に備えていると思います。

その人達のためにも、道灌まつりは晴れて欲しいですね。

私も仕事が終わってから祭りの終了間際に散策してきました。終了1時間前を切っているのにこの熱気!

お知らせ
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
アーカイブ
タグ
まだタグはありません。