マッサージ料金について

数年前より「60分で3000円」ほどの料金設定のマッサージチェーン店が増えてきています。そのような店舗に比べて当院の設定は少々高めと感じると思います。

​ なぜ、ここまでの料金の差が出てしまうのか…と疑問に感じている方も多いかと思います。

大きな理由は「国家資格の有無」です。

看板に「マッサージ」「指圧」及び「あん摩」と表記されている施術所は、マッサージ師の国家資格を有する方の施術所ですが、それ以外(例:「リフレクソロジー」「整体」「もみほぐし」など)は、ほぼ無資格者の店舗です。

ここが大きな違いです。

他の職業を辞めて間もない方や、アルバイト等でもすぐに働けてしまうのが上記等の店舗なのです。

​国家資格を有するマッサージ師になるには、3年若しくは4年、養成校で実技はもちろん、解剖学・生理学・運動学・衛生学等の医学的な知識を身につけ、卒業にあたり厳しい試験を受け、その後国家資格試験を受験、合格してようやくマッサージ師として、業として患者様の身体を触れるようになります。現在の状況は、分かりやすい例で言えば、車の運転が得意な方がお客様を見つけてタクシー的な営業をする事と差異はないと思います。実際、無資格者が行うマッサージ行為での肋骨骨折等の事故は毎年報告されています。

 このように、国家資格を取得するには多大な年月と莫大な費用、そして勉強量を必要とするのです。

 もし、「どこかでマッサージを受けたいな」と思う方がおりましたら是非、国家資格保有者の方のいる施術所で受けることをお勧めしいたします。細かな事かもしれませんが、必ずその知識と技術の違いを実感できると信じています。

 また、我々マッサージ師の有志ではこのような事態が蔓延する事の危惧から不定期にマッサージのキャンペーンを行い(マッサージ20分で1000円)、業としてのマッサージを守る活動もしております。

 

 最後に、たびたび質問される事ですが、柔道整復師(接骨院)はマッサージの教育はされていませんので、マッサージに関しては素人です。